トップページ 施設の紹介 利用について 利用申込書式(PDF) 活動プログラム
レストランつばき 主催事業 ビュースター アクセス リンク

アストロカー『ビュースター』は動く天文台です。どの星にレンズが向いても、のぞく位置が動かないコンピュータ制御のクーデ式望遠鏡を装備しています。また、車イスのまま昇降できるリフト式出入口や、光ファイバー式接眼部など利用される方の事を考えた親切な装備も搭載しています。今日も、県内各地をみんなの夢を星にのせて運びます。
移動観望会
【夏時間(5〜9月)】19:00〜20:30(標準時間)
【冬時間(10〜4月)】18:00〜19:30(標準時間)

 主催者となれる団体
@市町村もしくは市町村教育委員会
A学校及び教育機関
B青少年団体及び社会教育団体
C公益を目的とする団体


 主催側の留意事項
1.以下の4点は、主催者側で行ってください(相談に応じます)。
@計画立案
A資料作成
B進行、説明
C星座などの説明、案内
D受付などのスタッフ数名
※天体(月・木星・土星など)の見える日時をご確認の上、計画立案してください。
ご不明の場合は「長崎県立佐世保青少年の天地」にご相談ください。

2.「長崎県立佐世保青少年の天地」と十分に打ち合わせをしてください。

3.会場選定にあたっては、以下の条件を満たしておいてください。
[条件1]出入りや旋回ができる。移動中も樹木の枝などにかからない。
[条件2]平坦な場所に限り、途中の段差がない。
[条件3]電源が確保できる。


4.派遣する側である県教育委員会の役割
運転及びビュースターの機器操作。野外の星座の説明などはいたしません。

5.観望中の事故等は主催者側が責任を負うこと。

 派遣申請方法
1.所定様式『ビュースター派遣申込書』を、開催日の3ヶ月前までに提出してください。但し、離島での開催はできるだけ前年度の10月末までにお願いします。

2.申込先は「長崎県立佐世保青少年の天地」
施設観望会
「長崎県立佐世保青少年の天地」宿泊者対象。事前に連絡をお願いします。
「長崎県立佐世保青少年の天地」での事業の中でも公開します。
性能諸元
 車両
【外形寸法】車高:3790mm、車幅:2500mm、車長:8055mm
【総排気量】8200cc

 望遠鏡
【形式】屈折クーデ式望遠鏡
【有効径】200mm EDアポクロマート
【焦点距離】1800mm F:9
【接眼鏡】K60mm、0r25mm、0r12.5mm
【架台】コンピュータ制御ドイツ式車載型

 天体観測ドーム
直径2mアルミ張り、スリット:手動開閉式、水平回転:電動式

 コントロールコンソール
コンピュータ制御により天体をキャッチし、追尾する。また、小型望遠鏡102mm4台まで搭載できる。

 車イス昇降リフト
通常の階段式ステップにも変身

 その他装備
29インチカラーテレビ、DVDプレーヤー、太陽観測用機器etc

※アストロカー『ビュースター』は、財団法人日本宝くじ協会から寄贈されました